⋆⋆⋆鑑定についてのご相談などはお気軽にご連絡ください⋆⋆⋆
フリーダイヤル:0120-705-825
メール:info@ptclabs.jp

【羊水使用】出生前親子DNA鑑定-裁判用-

【裁判用出生前親子DNA鑑定(羊水検査)】

■費用■
58,860円~

■オプション■
・立会(※必須項目)・・・10,800円
・追加人物1名・・・13,500円
・配送でFedEx使用・・・10,800円

■必要なもの■
羊水(6㎖以上)
医師の検体証明書
疑父・母親の口腔内粘膜

■注文の流れ■

・お申し込みは注文フォーム・メール・電話のいずれでも可能です。
・お申込前に必ずインフォームドコンセントをご確認ください。
・お支払方法は銀行振込・クレジットの2択で、手数料は全てお客様負担です。
・立会は必須であり、身分証確認・指紋採取・写真撮影があります。
・羊水採取の際に担当医師から検体証明書を発行してもらう必要があります。

■注文フォーム■
お申し込みの前に必ずインフォームドコンセントをお読みください⇒こちら
鑑定の申し込みはこちらか⇒注文フォーム

■その他注意事項■
・鑑定料金には羊水採取費や検体発送料などは含まれません。
・羊水採取費は医療機関によって変動します。
・羊水は必ず医療機関より発送してもらう必要があります。被検者は全ての検体を扱うことは出来ません。

オプションについて

 裁判用鑑定では、第三者の立会が必須となります。疑父・母親どちらも立会人の事務所に出向き、口腔内粘膜採取をしていただきます。(羊水に関しては立会ではなく、医師の検体証明書が必要となります。)
 出生前親子鑑定(羊水)の基本人数は疑父1名・母親1名の計2名です。疑父が2名以上になる場合には、2人目から追加人物として扱われ、1名使毎に13,500円が鑑定料金に加算されます。
 FedExとは運送会社のことです。通常利用するEMS国際スピード郵便とは配送期間が異なり多少速いため、検査結果を少しでも早く望む方にはお勧めしています。送料は鑑定料金に加算されます。

検査結果と保障について

 羊水による出生前親子DNA鑑定の保証値は通常の親子鑑定同様の99.99%以上となっています。ですのでお客様に提供する検査結果は、父性確率が99.99%以上または0%のどちらかしかありません。(父性確率が99.99%以上の場合は親子であるという判定であり、反対に父性確率0%の場合は親子ではないという判定です。)検査中にDNAの不足などが原因となり、保証値に達しない、または検査続行不可となる事がありますが、その場合は再度検体提出して頂くことで可能な限り最後まで検査を続けます。また裁判用鑑定の場合、提供する検査結果は公的機関への提出が可能です。(※ただし使用の可否自体は裁判所など公的機関の判断によります。検査を受ける前に提出先へ確認をすることが大切です。)

研究所について

 親子鑑定をはじめとする、当社が提供しているほぼ全ての検査は、アメリカ ミズーリ州にある自社研究所で検査を行っています。(血液使用の出生前鑑定・ミトコンドリア鑑定はDDC研究所へ委託しています。)

ご質問やご相談はお気軽に☆
フリーダイヤル0120-705-825
メールinfo@ptclabs.jp