別々の場所に住んでいる場合

カテゴリー: 

疑父親は日本に住んでいますが、子供と母親はフィリピンに住んでいます。裁判用で検査を申し込みしますが、疑父親は日本で立会人を立てて、サンプル採取などを、したとします。子供と母親には日本からキットをフィリピンへ発送し、口腔内粘膜採取をしたサンプルを日本へまた返送してもらいますが、これで裁判用の検査は可能でしょうか?

>

基本的に、裁判用親子DNA鑑定を申し込まれた場合、被験者全員が立会人の立ち会いのもと、サンプル採取から指紋、写真撮影などをする必要があります。別々で住んでいて、どちらか一方が裁判用でサンプル採取をしても、もう一方が家庭用でサンプル採取をしていたとしたら、この検査は家庭用にしか利用できなくなります。フィリピンにいる場合、フィリピンで立会人(弁護士など)を立てる必要があるか、もしくは一旦は日本に来て頂いてから、全員で裁判用でサンプル採取をしなければいけません。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.