相手が鑑定をいきなり拒否した時

カテゴリー: 

御社で裁判用親子DNA鑑定を申し込みし、支払いも済ませ立会日も確定しました。当日、疑父親側と母親と子供側が別々の場所で立会うことになり、母親と子供は無事に立会いが終えましたが、立会人が疑父親側を訪ねたところ、急に「鑑定をするとは聞いていない」と言い出し、鑑定を拒否しました。ここまで来て鑑定を拒否されたらどうすればいいですか?

>

父親側と母親側が別々で立会いサンプル採取を行う場合、時折、どちらか一方が「全く鑑定の話しを聞いてかはいなかった」等と言い出して、その場で鑑定を拒否する事があります。このような場面になった時、立会人にはどうする事も出来ません。なので、事前に相手が鑑定に応じるかちゃんと確認した上で、申し込みして下さい。例え、事前に相手から承諾を得ても、当日にいきなり拒否した場合でも、立会人への立会い料金は支払う事になります。弊社の方では父親のサンプルがないと鑑定は出来ませんので、一旦、保留というかたちを取らせて頂きます。依頼者が相手方と話し合って再度、鑑定を試みるか、中止にするか決定して頂きます。但し、再度、鑑定を再開する場合、前回に依頼した立会人は、ドタキャンしてるので、立ち会ってもらえない場合もあります。その際には別の立会人に依頼する事もあります。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.