私達は最近、“なぜ検査されるはずの遺伝子座が削除されているのか”という質問を多く受けています。

 私達は最近、“なぜ検査されるはずの遺伝子座が削除されているのか”という質問を多く受けています。DNA検査の免許を保有している企業は、検査する遺伝子座に突然変異や不一致の可能性が認められない場合に限り、その遺伝子座を削除することが許可されています。最も一般的な削除理由として、その遺伝子座が正確に検査をするにあたり、薄すぎて見えにくい事があげられます。

免許を保有している企業が突然変異や不一致の可能性がある遺伝子座を削除することは、免許剥奪に値する行為です。彼らにとっては何のメリットもなく、ただ免許剥奪のリスクがあるだけであるため、彼らはそのような行為はしません。検査が問題なく正確に行われていればレポートを出し、正確でない可能性があるのであれば無効なものとしてそのレポートは出しません。

1度遺伝子座を削除したら、その遺伝子座無しでDNA指数を出すための計算をします。各企業は、それぞれが提示する保証値に達するまで検査を行わなければなりません。私たちが保証する値は99.99%または実父確定指数が10,000であり、これは次に高い保証値を提示する企業に比べて10倍高い保証値です。よって彼らが私たちの保証値を上回るには、更に10,000以上の遺伝子座を追加し、検査しなければなりません。