米国の主要な大学と連携するPTCは

米国の主要な大学と連携するPTCは、DNA技術において大きな進歩を遂げようとしています。これは出生前のテスト方法において革命をもたらします。ダウン症候群やその他の遺伝的障害の検査、出生前親子鑑定についてISOやAABBから公認されているので、今後提供が開始されます。現在出生前の検査をする方法は、胎児へのリスクがある“羊水採取”、またはCLIA以外では非公認であり羊水検査より保証値の低い“母親の血液を使用するSNPテスト”の2つだけです。

今後新たに導入予定の検査方法は、既にISOにより公認であるため、この検査について誰からも制限されることなく、希望者は誰でも検査を受けられるようにするべきです。また人々はこれについて知る権利があります。SNP検査のダウン症に関する問題点は、偽陽性もあるという事です。そのため、現在日本では出生前のダウン症候群検査について議論がなされ、検査は抑止されつつあります。日本人の分娩年齢の上昇は加速しているため、この検査はよりスタンダードなものになっていくでしょう。日本だけでなく世界的にも同様です。