DNA鑑定には様々な種類があり、その中で当社は主に親子DNA鑑定を行っています。親子DNA鑑定は離婚後300日問題や遺産相続問題、子の認知など公的に行う場合や、単に親子である確証を得るためや以前から抱いている疑惑を解決するためなど個人的に行う場合、または遊び感覚な軽い気持ちで行う方も少なからずいらっしゃいます。
親子DNA鑑定を行う事は簡単なことですが、その結果はお客様にとって大変重要なものとなります。気軽に検査を受けたつもりが全く予想しない検査結果が出てしまい、今後の人生を大きく左右するという事が十分にあり得る事なのです。親子DNA鑑定はこれを十分に理解した上で検査を受けることが非常に大切だといえます。
 お客様が検査を受ける理由は様々ですが、当社は鑑定をお申込み頂いた全てのお客様に対し、今日までレベルの高い検査結果を提供してきました。当社の謳う99.99%以上の保証は、PTCで行う全ての検査結果において保証され(※1)、更に低価格での提供を行っています。これは当研究所だけの検査環境や検査過程があるからこそ実現できることです。
 多くの研究所はPCR法のみを採用していますが、DNAの突然変異や母親の不参加などの理由で十分な検査結果が出せない場合があります。そうなると他の研究所へ再検査を依頼し検査結果が出されますが、その分の費用を別途請求されてしまいます。更には不十分な検査結果をそのまま提供されたり、間違った結果を提供されてもお客様には説明がないまま誤判定を一生信じてしまう事にもなりかねません。
 当社はそのような事態を避けるべく、PCR法のほかにRFLP法を採用しています。RFLP法はPCR法よりも高精度の詳しい検査を行うことが出来る方法です。よってPCR法で十分な検査が行えなくてもRFLP法を行う事により、他の研究所へ依頼することなく確実に99.99%以上の検査結果をお客様へ提供することが出来るのです。またこの検査過程を当研究所のみで行う事により、追加料金も一切なく更に低価格でレベルの高い検査を提供し続けています。
 親子DNA鑑定の検査結果はパーセンテージによって表されます。ほとんどは99.9%、99.99%など細かい桁数で表されますが、この桁数の違いはどのような違いなのか疑問に思ったことはありませんか?ここではパーセンテージについて説明します。

父子関係の鑑定をすると仮定します。

●99%肯定とされた場合

 単純計算をすると、全く無関係な男性100人中1人の割合で子供の父親と判定できる男性がいるという事になります。つまり100人のうち1人は子供の父親であるとされるDNA配置を持っているという事です。

●99.9%肯定とされた場合

 単純計算をすると、全く無関係な男性1000人中1人の割合で子供の父親と判定できる男性がいるという事になります。つまり1000人のうち1人は子供の父親であるとされるDNA配置を持っているという事です。

●99.99%肯定とされた場合

 単純計算をすると、全く無関係な男性10000人中1人の割合で子供の父親と判定できる男性がいるという事になります。つまり10000人のうち1人は子供の父親であるとされるDNA配置を持っているという事です。

 つまり、パーセンテージが高ければ高いほど比較されている人口数が多くなるため、より確実な検査結果であるということが言えます。 逆に親子鑑定が否定される場合のパーセンテージは必ず0%です。子供は必ず母親と父親のDNA配置を引き継いでおり、子供が父親から引き継いでいるべきDNA配置を持っていなければ親子関係は完全に否定されます。 上記からわかるように、検査結果のパーセンテージの違いは相当大きなものです。99%では誤判定される可能性も十分にあり、仮に誤判定されてしまうとお客様はそれに気づかずに間違った判定をずっと信じ続けることになるかもしれないのです。


 親子DNA鑑定において、現在15のDNAマーカー検査が業界基準となっています。この検査では、「検査に母親が含まれていない」「父親が一般的な共通のDNAを持っている」「子供のDNAに突然変異が起こる」「父親の背景に様々な国の血が混じっている」などの場合において、より正確な結果を出すための十分な検査が行えません。この15のDNAマーカーを用いた検査は、標準価格よりも安くDNA鑑定を提供する会社が用いる検査方法です。そういった会社にお客様がより正確な結果を求めた場合、その研究所はより詳しい検査を行うために別の研究所へサンプルを送り、検査を依頼します。そのためお客様はその費用を追加請求され、支払わなければならなくなります。
 最近では、ある研究所で価格をより低く抑えるため、わずか7のDNAマーカーで検査を行っています。これは間違った検査結果が出る確率が非常に高くなります。わずか7のDNAマーカーだけで検査を行う事は非常に非倫理的です。このような検査は1950年代に実際に行われていた血液型検査よりも精度が低くなります。
 当社では29PCR、8Y染色体、12のRFLP DNAマーカーでの検査をすることが出来ます。自社研究所内でより詳しい検査まで行えるため、他社のような余分な費用を請求することなく、お客様により正確かつ手頃な価格でDNA鑑定を提供致します。