【出生前親子DNA鑑定(血液使用)】

prenatal

■必要なもの■
・母親の血液(11㎖×2本)
・疑父の口腔内粘膜

■手順■
(家庭用と裁判用では手順が異なります)
【家庭用】

home test how to

【裁判用】

legal test how to

※検体配送は全てFedExとなりました。

・お申し込みは注文フォーム・メール・電話のいずれでも可能です。
・お申込前に必ずインフォームドコンセントをご確認ください。家庭用裁判用
・お支払方法は銀行振込・代引き・クレジットの3択で、手数料は全てお客様負担です。(裁判用は代引不可)
・送付物(検査キットや検査結果など)は郵便局留めが出来ます。(裁判用ではお客様への送付物はありません)
・裁判用は必ず立ち合いが必要です。鑑定費とは別途で立ち合い料金が発生します。

■その他注意事項■
・鑑定料金には採血費は含まれません。
・採血費は医療機関によって変動します。約3,000円~5,000円が目安です。
・当社からキットを送付する際は送料着払いとなります。
・裁判用で必須となる立会に係る費用は税抜10,000~20,000円です。

 

オプションについて

 出生前親子鑑定(血液)の基本人数は疑父1名・母親1名の計2名です。疑父が2名以上になる場合には、2人目から追加人物として扱われ、1名使毎に追加料金が鑑定料金に加算されます。
(※スピード鑑定はすべての検査に適応されることになりましたので、項目を削除しています。)

検査結果と保障について

血液による出生前親子DNA鑑定の保証値は99.9%となっています。ですのでお客様に提供する検査結果は、父性確率が99.9%または0%のどちらかしかありません。(父性確率が99.9%の場合は親子であるという判定であり、反対に父性確率0%の場合は親子ではないという判定です。)検査中にDNAの不足などが原因となり、保証値に達しない、または検査続行不可となる事がありますが、その場合は再度採血・検体提出して頂くことで、可能な限り最後まで検査を続けます

研究所について

この鑑定の検査はアメリカ・オハイオ州にあるDDC(DNA diagnostic Center)で行っています。

価格

母体血による出生前親子DNA鑑定価格(税込)
【DDC委託】血液による出生前親子DNA鑑定
(父1名まで)
150,000円
追加人物1名
(被検者数が鑑定の基本人数を超える場合に適応)
+24,750円
裁判用鑑定+10,000円
性別判定+11,000円

研究所について

この鑑定の検査はアメリカ・オハイオ州にあるDDC(DNA diagnostic Center)で行っています。

Q&A

Q. 口腔内粘膜採取の際に他人の唾液(母親など)の唾液が付着した場合、検査結果に影響は出ないのでしょうか?
口腔内粘膜採取は綿棒を使って行われますが、この綿棒から複数人のDNAが検出された場合、検査は中断され、検体の再採取を求められることになります。そのため、検査結果が出るまでの期間が長くなる影響は否めません。

Q. 出生前のDNA検査についてですが 家庭用は義父の口腔粘膜を用いるのにたいし 裁判用では義父の血液を使用するようですが 検査結果の精度が異なることはあるのでしょうか?
出生前DNA鑑定では、血液検査の場合はどちらも疑父は口腔内粘膜採取になります。
仮に検体が血液であっても口腔内粘膜であっても、抽出するDNAに変わりはないので精度は同じです。

Q. 妊娠中のお腹に子供がいる時に、DNA鑑定はできますか? 出来るなら、だいたい妊娠何週目頃でしょうか?
出生前親子DNA鑑定というものがございます。
検査は羊水使用と血液使用の2種類あり、羊水の場合は14週~36週、血液の場合は9週以降から検査が可能です。

Q. 検査結果は0%か99.9%しかないそうですがとゆうことは仮に2人の疑父のうちの1人が99.9だった場合、もう1人は99.9の結果は出ないですよね?99.9はどちらか1人になりどちからは1人は0になるということですよね?
肯定される場合の99.9%は100%ではありませんので言い切ることは出来ませんが、ほどんどの場合はそういう事になります。また仮に疑父が一卵性双生児同士であった場合には同じDNAを有しているため同じ検査結果が出ることになり、どちらが父親であるかの鑑定が不可能となります。

Q. 検査結果は依頼人のみに送られるのでしょうか? それとも疑父として参加した者にも送られるのでしょうか?
検査結果は基本的に依頼者のみにお伝え、書類送付します。ただし依頼人からの事前申し出がある場合や、参加者本人から直接当社に問い合わせがあった場合には検査結果をお伝え、書類送付をさせて頂きます。(これについて依頼者が拒否をすることは出来ません。参加者は全員検査結果を知る権利があります。)

Q. 疑父2人をどちらが父親が検査をして欲しいのですが、検査の結果が間違える事はないのでしょうか?最初に1人の疑父との検査結果の後、追加でもう1人の疑父の検査は出来るのでしょうか?その場合費用はどうなりますか?
良く検査結果を間違えることが無いかというご質問がありますが、その不安を解決できるよう保証値を提示しております。血液での出生前鑑定の場合は99.9%、羊水の場合は99.99%の保証値があります。
また検査がいったん終了し、結果報告された後に疑父を追加する場合、血液検査だと費用は約10万程度になります。この価格は変動しますので、必要な際に直接当社にお問い合わせください。

Q. キットを自宅ではなく近所の宅配便の営業所付けで送っていただくことは可能でしょうか?
キットは基本的に郵送となりますので、最寄り郵便局留めでの送付が可能です。

Q. 口腔内粘膜の採取だけがサンプルになるのですか? その他のものは特殊サンプルとして提出しても鑑定する事はできないのでしょうか。
血液使用の出生前鑑定では、疑父のサンプルにおいて特殊サンプルを使用することは現在出来ません。綿棒による口腔内粘膜採取か、母親と同様に採血を行って頂く必要があります。
羊水使用の出生前鑑定では特殊サンプルを使用することが出来ます。お客様の都合に応じてご選択ください。

Q. 先日、御社で血液で行う出生前親子鑑定をさせて頂きました。結果は擬父との親子確率は0%でした。鑑定結果にある特定の遺伝子座から5つの結果が記載されていました。この5つがたまたま一致しなかったという可能性はあるのでしょうか?それとも、実際にはもっとたくさんの遺伝子座で鑑定を行い、わかりやすいようにひとつだけ取り上げて頂いているのですか?
当社をご利用頂きありがとうございました。
報告書に記載されている遺伝子座は、わかりやすいように代表的なものだけが記載されており、実際には何百という遺伝子座を研究所では調べております。
更にご質問がございましたら、こちらでも、直接メールやお電話でのご連絡でも結構です。ご確認宜しくお願い致します。

Q. 相手がそれに応じなかったりするとどうなりますか? 費用は相手に請求できるのでしょうか 今妊娠19週です
裁判用としてDNA鑑定をすることが出来ますが、強制できるものではありません。費用の請求やDNA鑑定の強制については弁護士や裁判所へ直接ご相談ください。

Q. 妻と夫の血液を採取するだけでDNA鑑定ができるとお聞きいたしましたので問い合わせさせていただきました。実際妊娠8週目でも鑑定は可能でしょうか?
血液を使用する出生前鑑定は、妊娠9週以降からとなります。また現在男性の血液ではなく、口腔内粘膜採取となりましたため、採血は母親のみとなります。
お申込み自体は8週目でも可能です。更にご質問をされる場合には是非メールまたはフリーダイヤルまでご連絡くださいませ。

Q. 裁判用出生前鑑定でも、家庭用と同じように、病院では採血若しくは羊水採取を行うだけでしょうか?
裁判用出生前鑑定の場合、家庭用とは異なり、病院でサンプル採取の際には原則立会人が同行します。
また、病院側から「検体証明書」にサインして頂く必要があります。そして、サンプル書類一式の管理はすべて立会人が行います。

Q. 出生前DNA鑑定が始まって数年たつと思いますが、今までに誤判定が起こったことはありますか?(鑑定機関での人為的なミスなど。)
出生前鑑定には血液と羊水の2種類の検査があり、羊水は自社研究所、血液はDDC研究所で行っておりますが、今まで当社で承ったどの検査も誤判定であるという報告を受けたことはありません。

Q. 血液使用の出生前鑑定では母親と父親の血液が必要なんですか?
これまでの血液での出生前DNA鑑定は妊娠中の母親の血液と疑父親の両方の血液が必要でした。
これからスタートする血液での出生前DNA鑑定は、妊娠中の母親の血液と、疑父親は綿棒による口腔内粘膜採取になりますので、疑父親の血液は必要ではなくなります。

Q. 99%がこの世に2人いる可能性はありますか?
どういった状況での99%なのかわかりかねますが、99%は100%にまでは達していないという事から、可能性は否定できないという見解になります。

Q. 最も早く検査をしたいのですが、CVS鑑定の申し込みは誰でも可能ですか?また妊娠何週から出来ますか?
出生前のCVS鑑定は一般からの受付は致しておりません。一般からの申し込みが可能な出生前鑑定は羊水鑑定と血液使用の出生前鑑定になります。
CVS鑑定は非常に早い段階の妊娠週期の胎児の絨毛膜を採取し、鑑定を行いますが、非常に危険性を伴うため、強姦事件や裁判所、警察署などからの依頼があれば申し込み可能になります

Q. はじめに、EMS配送で申し込みをしましたが、その後にFedex(フェデックス)という、業者に変更したいのですが、可能ですか?
変更は可能です。しかし、はじめに送付したキットに同封しているEMSラベルや袋などは使用出来ないため、Fedex専用のラベルと袋を再度送付致します。この際に発生する郵便料金、Fedexの送料などは、後日請求させていただきます。変更ご希望される場合はお電話にてお問い合わせください。

Q. 羊水鑑定の場合、必ず1回で検査は出来ますか?
血液使用の出生前鑑定では、再採血の可能性がありますが、羊水鑑定の場合ほぼ1回で検査が出来ますがわずかな可能性で検査が出来ない場合もあります。それは、羊水採取をする際に医師が綺麗に羊水だけを採取してくださればいいのですが、稀に羊水採取の際に母親の血液が混じって採取する医師がいます。羊水の中に母親の血液が混じるのはあまり好ましくはないのですが、これは羊水採取をする医師の腕にもよります。万が一、母親の血液が混じってしまったままの羊水を研究所に送ってみて、検査が不可能となった場合のみ、再度、羊水を採取する必要が出てきます。しかし、そのようなケースは少ないですので、だいたいは1回で検査は終了します。

Q. 裁判用羊水採取はどのように行われますか?疑父親のサンプルは特殊サンプルでは駄目ですか?
裁判用羊水鑑定の場合、まずは採取する医療機関に立会人を同行させる必要があります。そこで、立会人によって母親の母体から胎児の羊水を採取した事を証明してもらわなければいけません。その流れで、羊水採取が終えましたら、疑父親と母親の口腔内粘膜採取と、指紋、写真撮影を行います。裁判用では疑父親の特殊サンプルは使用出来ません。羊水採取後の管理(弊社へ返送など)も全て立会人に任せる必要があります。

Q. 採血をしてから、当方の事情により、すぐに血液の発送が出来なかった場合、再度血液を採取しなおしたいと思いますがはじめに使用したスピッツを再利用してもいいのでしょうか?
血液検体を入れる容器をスピッツと医療用語では言います。弊社から送付されるスピッツは疑父親用1本と母親用2本入っており、そのうち母親用のスピッツには極微量の防腐剤が入っております。これは血液の鮮度を保つためです。お客さまのご都合により、万が一血液検体をすぐに発送出来なくても、スピッツを洗浄して再利用するなどの行為は絶対にしないで下さい。せめて採血日から2日以内で発送が出来なかくでも、血液検体自体は2週間は大丈夫だとれていますので、まだまだ発送するチャンスはあります。どうしても、新しい血液を採取して発送したい方は、改めてキットを再購入して頂きます。
また、キット、血液検体の不法投棄は法律上の違法にもなりますので、必ず弊社のご担当者の方の指示に従うようにして下さい。

Q. 出生前鑑定をやりたいと思っていますが、相手の男性が日本国外にいる場合、それぞれ別々で採血をし、アメリカ研究所へ発送する事は可能ですか?
血液検体を採取する被験者が海外にいる場合、鑑定を申し込む事前に、その国で採血できる病院を探さなければいけないのと、血液検体をアメリカに向けて発送が可能かどうか郵便局に確認をするか、もしくはそういった血液検体を発送できる企業があるか、調べる必要があります。世界中、どこからでも血液検体の発送が可能なわけではありません。発送できない国もあります。お客様自身でお調べになられた後に、申し込みになります。ただし、別々での採血になる場合、採血キットを2ヶ所に送るためそれぞれのキット代金、郵送料金が発生致します。
いずれにしても、一旦お電話かメールでお問い合わせいただき、担当者の指示に従って下さい。

Q. 出生前鑑定で病院で採血をしないといけませんが、どうしても疑父親と母親が一緒に行くことができません。このような場合、別々での採血も可能ですか?
採血キットは二人分で1箱に入っているので、本来なら同時に病院で行うことが望ましいです。どうしても同時に行うことが難しい場合、二人別々で行っても可能ですが条件があります。
1.別々で採血行うのは同日で時間帯が異なる時。
2.同日で二人の採血が出来ず、日にちが異なる場合でもあまり間隔を空けないようにしてください。そして必ず疑父親から先に採血を行って下さい。母親の血液は新鮮な方が望ましいので最後に行います。
3.時間帯、日にちが異なって採血を行う際には必ず、弊社へご連絡お願いします。同時に、病院側にも別々で行う事を申し出ないといけません。
また、病院によっては、別々での採血を拒否される場合もありますのでご了承下さい。

Q. 出生前鑑定を申し込みしたら採血キットが送られてくるみたいですが、採血キットとは具体的にどういったものですか?キットの中身について教えて下さい。
採血キットの中身について
採血キットとは血液検体を入れる容器の事です。医療用語ではスピッツと言います。(キットはスピッツのみですので採血用の注射針などは含まれておりません。)
キット以外に、同意書・申し込み用紙・手順説明書などその他重要書類などが入っていますので、採血キットを受け取り後は必ず、中身をご確認下さい。またわからない事などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Q. 羊水での検査をしたいのですが、病院は紹介してもらえますか?
残念ながら、羊水採取が出来る医療機関のご紹介は現在行っておりません。今かかっている産婦人科医へお願いするなど、ご自身で探していただきます。また羊水採取はリスクが伴いますので、医師から十分な説明を受けたうえでご判断下さい。

Q. 出来心で不倫相手の子を妊娠しました。反省し二度としません。ですが主人に疑われ 出生前なのですが私的検査で私と主人のみの検査で不倫相手のものはなしで検査結果がどうであれ基、検査もいらないので99,9の報告を頂けないでしょうか?
弊社では検査結果報告書を偽造することは断じて致しません。ご了承ください。

Q. あとすこしで子供が産まれるのですが父親である人との血縁があるのか調べたいのですが産まれる前に出来るのでしょうか。正確な鑑定結果が出るのは何歳からでしょうか
生まれる前にも鑑定は出来ますが、もう少しで出産されるのであれば出産後に検査を行っては如何でしょうか?かかる費用が大分変ります。
出産後だと99.99%以上、出生前だと99.9%以上の検査結果を出します。出産後は生まれてすぐから鑑定が可能です。

Q. 私は今、妊娠9ヶ月になる子がお腹にいます。婚姻中に子供ができてしまったのですが、相手は元夫ではなく、同棲してる相手です。1年前くらいから別居してこのまえ離婚調停が成立しました。このまま戸籍を出すと元夫の戸籍に入ってしまうので、DNA鑑定で解決できないかとおもって連絡しました。
300日問題のためにDNA鑑定をなさる方もいらっしゃいます。まずはお客様が現在どのような状況で何が必要であるかをご自身で把握し、どのようなDNA鑑定の結果書類が必要なのかを調べるところから始めてはいかがでしょうか?
弊社は法律事務所ではありませんのでDNA鑑定以外についてのお答えは出来ませんが、必要となるDNA鑑定を提供することは出来ると思いますので、まずは手順を調べるところから始めてください。

Q. 愛知県内で採血してくれる病院を教えてください。
https://www.ptclabs.jp/location
こちらからご覧いただけます。

Q. はじめまして。出生前DNA鑑定を検討しております。そこで質問ですが前金はおいくらでしょうか? 回答よろしくお願いします。
血液の出生前鑑定の前金は90,000円になります。どうぞご検討ください。

Q. 検査にどのくらいの期間を要するのでしょうか? またGW期間中の休業日を教えて頂きたいです。
血液の鑑定だと検体発送から約1~2週間、羊水だと2~3週間後に検査結果が出る予測です。弊社は基本的に土日及び祝日は休業となりますので、GWは4月27日~5月6日までお休みとなります。ご了承くださいませ。

Q. クレジットカードも消費者金融に借りられない為 現金で分割して頂ける事はできないでしょうか?
分割でのお支払いは可能です。現金であれば沖縄県内にお住まいの方でしたら可能です。
※ただし検査結果が出てもその時点で鑑定費の支払いが完了していなければ結果をお教えすることができません。

Q. キット送付日時指定はできるとのことですが、1.送付先は指定できますか? 2.送付された箱を見ると、御社名、送付物件は一目でわかりますか? 以上です。
1、キットの送付先はご自宅以外でも可能です。郵便局留めもできます。(代引きの場合は不可)
2、弊社名は伝票に記載がありますが、送付物は無地の紙袋に入れられているので一目ではわかりません。

Q. 血液採取と書いていますが、それは自分で出来る物でしょうか?それとも病院にお願いして採ってもらうのでしょうか?
個人でできるものではなく、採血は必ず医療機関にて行っていただきます。

Q. 質問1.採血日は医療機関への予約が必要となるのでしょうか?
質問2.また医療機関へはどのようにお話をして採血を頼むのでしょうか?
質問3.疑父と母の検体は期間があいて別々に送ることは可能でしょうか?

質問1>弊社よりご紹介する医療機関への予約はしていただくようお願いしております。医療機関によっては不要である個所もございますが、一度電話連絡を入れて頂くようお願いしております。
質問2>弊社からご紹介する医療機関については、弊社からの紹介だとおっしゃっていただければご理解いただけるようになっております。ご自身で探す場合には、ご自身で採血をする必要性についてご説明いただく必要があるかと思います。
質問3>可能ではありますが、期間が一週間程度またはそれ以上空いてしまうなどであれば疑父の検体を先に送って頂く必要があります。

Q. 父親と疑われる男性が2人いて(その二人は兄弟や親族でも何でもない場合)その出生前DNA鑑定の結果、疑父A 父子関係99.99%疑父B 父子関係0%という結果が得られた場合は疑父Aが父親であるということで間違いはないですよね?
ご質問の状況だと胎児の生物学上の父親はAさんということになります。

Q. 夫には知られずに検査をすることはできますか?
お客様のやり方次第では可能だと思われます。提出する検体で特殊サンプルを提出することもできますので、これも含めご検討いただければと思います

Q. 彼氏に知られずに出生前鑑定など出来るんでしょうか?
血液使用の場合、必ず口腔内粘膜採取をしていただきますため知られずには難しいかと思います。羊水鑑定では特殊サンプルを使用することが出来ます。当社では知られずに行うためにお手伝いなどは致しませんので、全てお客様次第です。参照:血液使用の出生前親子DNA鑑定

Q. 出生前DNA検査の場合、母親の血液検査わどこで行うのでしょうか?あと父親かどうか調べたい相手の血液、口内検査が出来ない場合わたばこの吸い殻や精液のついたティッシュなどでもやっている業者もあるみたいなのですが。。それわ可能なんでしょうか? あと支払いわ一括のみになりますか?
血液使用の出生前鑑定については、アメリカのDDC研究所へ検査委託しています。当社が行う検査では必ず母親の血液検体と疑父の口腔内粘膜を採取して頂く必要があります。その他の検体は使用できません。
お支払いは銀行振込・代金引換の場合は2度払い可能です。カード決済の場合は一括のみの取り扱いになります。

Q. 生理予定一週間前ですがいつもと体調の違いがあり 妊娠していた場合何週目からDNA鑑定はできますか?
出生前鑑定は、血液検査だと妊娠9週~、羊水検査は妊娠14週~となります。それぞれ方法や費用が大きく異なりますので、それぞれの鑑定ページを是非ご覧ください。

Q. 父親と胎児の親子鑑定とは別に胎児の性別まで知ることは出来ますか?
出生前親子鑑定では追加オプションによって胎児の性別判定も可能になりますが、性別のみの鑑定は行っておりません。詳細はお電話にてご確認下さい。

Q. 出生前親子鑑定で、父親のサンプルがすぐに採取出来そうにないのですが、その場合、胎児のDNA データだけを先に出して保存しておいて、あとから父親のサンプルが採取出来た時に鑑定をする事は可能でしょうか?
血液で行うタイプの出生前親子鑑定では、胎児のみのDNAデータだけの保存は出来ません。必ず父親のサンプルも一緒に研究所へ送らなければなりません。しかし、羊水で行う出生前親子鑑定であれば、先に胎児のDNAデータだけの保存は可能であり、父親のサンプルが入手出来次第、鑑定を行うことが出来ます。

Q. 検査を申し込みしてから、検査結果が出るのはいつ頃ですか?また、オプションでスピード検査を追加した場合、結果がわかるのはいつ頃ですか?
キットの配送期間を除き、病院での採血後、通常の検査の場合、国内からアメリカ研究所へ発送してから約二週間後、スピード検査を申し込みされた場合、約一週間が目安になります。
通常の検査の場合、日数はあくまでも目安になりますので、状況によっては検査結果が早く出る場合もありますし、遅れたりする場合もありますのでご了承下さい。

Q. お腹の胎児が双子の場合でも鑑定は可能ですか?
出生前DNA鑑定では血液で行う検査と羊水で行う検査の2つのタイプの検査がありますが、お腹の胎児が双子の場合、現時点で可能な鑑定は羊水検査になります。
また羊水検査の場合、双子が一卵性であっても二卵性であっても鑑定は可能です。

Q. 出生前鑑定を検討していますが、当方外国に在住していますが、申し込みは可能でしょうか?
お申し込みは可能ですし、弊社からのキットの発送も可能ですが、出生前鑑定の場合、血液検体をお客様自身でアメリカの研究所へ発送して頂きますが、その際にお客様が住んでいる外国の地帯によっては、血液検体の発送を対応出来ない国がございます。
弊社へお申し込みされる前に予め、お客様自身で血液検体をアメリカ研究所へ発送できるかの確認をしてからのお申し込みをお願い致します。

Q. DNA鑑定を1人の相手とした後、中絶します。中絶した後に、1度DNA鑑定をした時の子供のDNAを保存しておいて別の1人の相手とDNA鑑定をすることは出来ますか?
DNA鑑定をしたときの報告書データが残っていれば、後々ほかの人のデータと親子鑑定をすることは出来ます。ただし、その検査を私的鑑定として行っていた場合、後々裁判用の鑑定をする際には使用できませんのでご注意ください。

Q. 出生前DNA鑑定に関してお聞きしたいことがあります。もし出生前に鑑定をして99.9%以上の確率で親子関係が肯定された場合、出生後DNA鑑定を行なっても結果が変わることはありませんか?
出生前鑑定の検査結果と出生後の検査結果が違う結果になることはほぼあり得ません。過去にそういった報告を受けたこともありませんが、もし出生前の検査後に不安であるならば出生後の検査を受けることも検討されてもいいかもしれません。

Q. 検査が完全に終了した後に、DMなどの連絡がくることはないですか? 検査終了後、希望すれば個人情報は破棄して下さるとのことですが、本当に破棄されたのか依頼者はどう知ることができるのでしょうか?検査が終わった後に、 DNA検査をした事実が意図せぬところで他人に知られてしまうのが不安です。
検査後にこちらからお客様に連絡することはございません。また個人情報の破棄は可能ですが、なくなったものを証明するということが非常に難しいことであると同様に、これに関しても明確な確認というのは難しいと思われます。
個人情報に関しては厳重に取り扱いをしておりますが、どうしても情報漏洩が心配であるという場合には検査を受けること自体を検討したほうが良いかもしれません。是非よくご検討された上で検査依頼をされてください。

Q. 採血はどこでやってもいいのでしょうか?近くの病院に行けば採血してくれますか?
採血は医療行為ですので医療機関で行います。お客様の近くの医療機関で行っていただけるのならそれで構いませんが、大体は断られてしまいます。そのためお客様自身で医療機関を探されるのは困難だと予想されますので、弊社より各地の医療機関をご紹介させていただいております。(紹介可能地域はこちらでご確認ください)

Q. 血液検査は申込みしてからどのくらいで検査結果が出ますか?
基本的にご案内している期間は血液検体発送日から約2~3週間後です。検査期間自体は1週間程度で、残りの1週間~は検体の配送期間です。通常の親子鑑定のように翌日検査結果などのオプションは使えませんので、検体発送後必ず2週間はかかると思ってください

Q. 私自身が医療従事者で採血を自分で行うことが可能なのですが、自分で採血を行い検体を送るという方法も可能でしょうか?
申し訳ございませんが、基本的に自己採血は禁止とさせて頂いておりますので不可能です。必ず医療機関で本人以外の医療従事者が採血を行ってください。

Q. FedEXを利用し、結果も電話やメールで聞いた場合どの位で結果を知ることが可能ですか?
当社では通常、検体発送から2~3週間後に検査結果報告書が届くとご案内させていただいておりますが、FedExを利用+電話やメールでの報告を行い、検査自体もスムーズに行えても2週間前後を要します。しかし検査がスムーズにいかず時間がかかってしまう可能性も十分に考えられますし、FedEx利用は配送料で10,000円加算されますのでどうしても少しでも早く知りたいという方以外にはお勧めはできません。
また検査結果までの期間は保証できませんので、ご了承いただいた上でお申し込みをお願いいたします。

Q. 一番最短の方法を使い、結果は電話やメールで教えていただくという形を取った場合、最短で結果はどのくらいで分かりますか?
この検査の一番最短の方法は、検体配送でFedExを利用し、電話またはメールでの結果報告です。この場合、通常利用している郵便と比べると、配送期間は約2~4日の短縮、結果報告は約2日短縮することが出来ますので通常の期間より合計で4~6日の短縮が可能です。
当社からは通常検体発送から2~3週間で結果をお届けするとご案内させていただいておりますが、あくまで目安であり、検査の進み具合や検体の状態などによっては検査期間が延びる可能性も十分にあります。またどんなにスムーズに検査が行えたとしても、検体発送から2週間前後は要すると予測されます。

Q. 妊娠中の血液を使った検査についてですが、採血してから24時間以内に検査しないといけないと聞きたのですが、採血後発送するまでの時間制限などはあるのでしょうか?
採血後24時間以内に検査しないといけないという事実はありません。この検査を行っているのは日本国内でも2社だけであり、2社とも同じ研究所にて検査を行っています。研究所はアメリカにありますので検体を24時間以内に研究所に到着させることはまず不可能です。
また当社では採血後そのまま郵便局(またはFedEx)より発送頂くようお願いしています。もし同日発送が出来ない場合、翌日以内の発送をして頂きます。24時間以内とまではいきませんが、採血後はなるべく早く発送頂く事が望ましいです。

Q. 出生前のDNA鑑定を考えています。採血には必ず立会が必要なんですか?立会う人はどうやって探したらいいんでしょうか?
家庭用(私的)検査であれば立会人は必要ありません。キットの受け取りから検体発送まですべてをお客様自身で行うことが出来ます。立会人が必要となるのは裁判用(公的)検査であり、もし裁判用のお申し込みをされるのであれば立会人は当社からご紹介いたします。立会人所在地や医療機関紹介可能地域はHP上部のメニューバーにある”立会い場所”からご確認頂けます。

Q. 今私は妊婦四ヶ月に入ったのですが父親が分からないです。私はバツイチ子持ちのシングルマザーです。妊娠する前に元旦那とセックスしした何時間後にはまた違う人とセックスをしました。元旦那とは二階だけやりました。避妊はしてません。今お腹の中にいる赤ちゃんはどちらの子なんでしょうか?はっきりさせたいです。ちなみに元旦那との後の人は元彼です。赤ちゃんが生まれる前にDNAは出来ないんですか? 教えてください。
こんにちは。PTC研究所です。
お腹の中にいる胎児のDNA鑑定は可能です。
この種類の鑑定には羊水検査と血液検査がありますが、羊水は採取してくださる医師がいないと行えない事と母子ともにリスクがある事から、血液検査をお勧めします。
血液検査は母体血と父親とされる男性の血液が採取出来れば検査をすることが出来ます。
詳しくはhttp://www.ptclabs.jp/mbloodのページをご覧いただくか、直接当社までお問い合わせください。

Q. 出生前DNA鑑定で胎児の血液型と性別も知りたいですが可能でしょうか?
弊社の事業内容としましては、生物学的上の親子関係が存在か不存在を調べる
目的で検査を行っておりますので、血液型までは調べることは出来ません。
但し、出生前鑑定を申し込みされたお客様は、追加オプションによって胎児の性別診断も可能になりました。

Q. 血液での出生前鑑定で一回目の血液を研究所へ送った後に胎児のDNAが足りない為に、再採血の依頼が来た場合、料金は再度追加になるのでしょうか?
再採血になっても、鑑定料金自体に追加料金は出ません。但し、以下に記載されたものは再度料金が発生します。
1.再度送付されるキット着払いの料金
2.病院での採血の料金
3.アメリカ研究所までの送料

Q. 妊娠を希望しているものですが、パートナーの子であることを証明して安心して出産したいので、検査を検討しております。
遠距離の交際で、月に1度くらいしかあえないのですが、タバコの吸い殻や口腔内粘膜は採取から何日以内のものを送付すれば良いですか?

出生前鑑定をご希望でしょうか?出生前鑑定でしたらたばこの吸い殻などは使用できません。口腔内粘膜はカビが生えないように気を付けて頂ければ半永久的に大丈夫です。何日以内と決まってはいません。
通常の親子鑑定でしたらたばこの吸い殻なども使用できます。詳しくは直接お問い合わせくださいませ。

Q. 羊水の親子鑑定で性別も調べてもらえたりしますか?料金はいくらになりますか?
羊水検査で性別まで判明しますが、残念ながら様々な観点におけるリスクを回避する目的からお客様に教える事はできません。検査結果は父性確率のみです。

Q. 父親の採血が難しいです。特殊サンプルは利用できますか?
残念ながら現時点での技術では父親も母親も両方の血液でないと出生前鑑定は不可能です。
血液による出生前鑑定のみ、特殊サンプルの利用が出来ません。

Q. 病院側や貴社から出生前のDNA鑑定の理由を聞かれますか?
鑑定の理由を聞かれることはありません。しかし、お客様の状況を詳しく知らなければ鑑定をスムーズに行えないと判断した場合は、その理由をご説明したうえでお伺いすることもあります。まずはご相談ください。

Q. 本当に血液だけでお腹の中の子のDNA鑑定が出来るんですか?血液以外に何が必要ですか?
血液での検査は近年始まったばかりの検査です。妊婦の血液中から胎児のDNAを抽出し、そのDNAと父親とされる男性の血液から抽出したDNAを照らし合わせて父子関係である確率を計算し、鑑定を行います。妊娠9週以降から検査することが出来ますが、9~12週の間は個人差により胎児のDNAが含まれていない場合もあり、その場合は12週以降に再検査となります。
近年始まった検査ということで、検査で比較するデータ数がほかの鑑定のデータ数より少ないため、通常のDNA鑑定保証値99.99%に対し、現在の血液での鑑定保証値は99.9%です。
この検査は母親と男性どちらも血液検体でなければ検査ができませんので、採血を行えなければ検査は行えません。また血液以外に必要な検体はありません。

Q. お腹の中の子のDNA鑑定をして、その結果を公的に使いたいのですが。。
2014年7月より、これまで私的検査のみだった血液での検査で裁判用鑑定を行うことが出来きるようになりました。もちろん羊水を使用する検査でも裁判用鑑定を行うことが出来ます。
ただしどちらもサンプル採取時に第三者の立会が必要です。当社から医療機関や立会人をご紹介できる地域はこちらをご参照ください。また、現在当社からご紹介できる羊水採取可能な医療機関はありません。羊水採取を希望する際はお客様自身で医師を探していただくことになりますので予めご了承ください。

Q. 検査をしてどのくらいで結果が出るのでしょうか?一刻も早く知りたいのですが方法はありますか?
血液使用の検査では、約2~3週間はかかります。他のDNA鑑定で利用できる「翌日検査結果」は血液での出生前鑑定では適応できませんので、ほんの少しでも期間を短くしたいということであれば、通常検体配送で利用しているのはEMSですが、これを追加料金10,000円でFedExに変更することで対応しております。また、検査結果を電話やメールなどでお知らせすることにより、結果書類郵送期間を省くことも可能です。ですがこれらはわずかな時間の短縮にしかなりえませんので、FedEx利用の場合は是非ご考慮ください。

Q. お腹の子の父親だと思う男性と私は住んでいる都道府県が違うのですが、それぞれ別々に採血をすることは出来ませんか?2人一緒でなければいけないでしょうか?
それぞれ別の場所で採血を行うことは可能です。お申し込みの段階で事情をお伝え頂ければ出来る限りの対応をさせて頂きます。まずは直接フリーダイヤルやメールにてお問い合わせください。

Q. 血液で検査する場合、9週以前に行うことは出来ないですか?
基本的には受け付けておりません。妊娠9週目以前に採取した母親の血液には胎児のDNAがほとんど含まれていないためです。どうしても行いたい場合、検査することは可能ですが高い確率で再検査となり再採血をお願いする事になりますので、その分余計に時間がかかってしまうことになります。また個人差により9~12週の間でも再検査になる可能性がありますので、できれば12週以降に検査をすることが望ましいです。

Q. 鑑定を申し込んだ後にキャンセルをすることは出来ますか?前金は返金してもらえますか?
鑑定はいつでもキャンセルすることは出来ますが、鑑定の進み具合により返金額が異なり、いずれの場合も事務手数料(30%)は差し引かれます。唯一、研究所で検査を終えてしまった後の返金は当然ながらできません。キャンセルについては鑑定説明文への記載がございますのでお申込み前にご一読ください。

Q. 検査は全てそちらの研究所で行っているんですか?
羊水鑑定については、自社研究所での検査を行っています。血液での検査は自社研究所ではなく、DDC研究所へ委託をしています。

Q. 採血料金は大体いくらくらいでしょうか?鑑定料金に含まれてますか?
血液での鑑定料金160,000円には採血料金や発送料金などの諸費用は含まれていません。採血料金は各医療機関によって異なりますが、大体1名1,000円~5,000円です。(採血は保険適用外です)

Q. 血液での出生前鑑定を検討しています。最近から始まったそうですが100%正確な結果が出るのでしょうか?
まずDNA鑑定において100%の結果はあり得ません。(肯定される場合のみ。否定される場合は100%否定されます。)
現在血液で行う出生前鑑定の保証値は99.9%です。これは始まってまだ数年しかたっていないということが理由となっているので将来的には99.99%になり得ます。ですのでほぼ確実な検査結果が出ると思っていただいて結構です。

Q. 血液検査での出生前DNA鑑定は、結果はどのように出るのですか?%のみですか?「99.9%以上父子関係が成立する」のようなものですか?
検査結果は「実父確定の確率=99.9%」と表されます。
書類には%に加え説明文や検査をしたローカスについても書かれます。

Q. 私自身が不貞行為を行ってしまい、元旦那の子供ではない子を妊娠しています。現在妊婦8ヶ月です。この時期に出生前鑑定はできるのでしょうか? また、料金はいくらほどになりますか?
妊娠八ヶ月でも出生前鑑定は出来ます。血液の検査となり、費用は税込150,000円です。
ただ、検査を急がない、出生前鑑定でなくてもいいのであれば出生後の検査をお勧めします。費用も出生前と比べて大分抑えられます。
詳しくはメールやフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q. 出生前鑑定を検討しています。妊娠初期段階での羊水採取はできないでしょうか?
羊水採取は妊娠14週目~36週目の間で行っていただきます。14週以前では羊水の量が十分ではなく、採取することが危険であるため行うことが出来ません。また羊水採取については、当社からご紹介できる医療機関がないため、お客様自身で探していただく必要があるのですが、多くの医師は医学的にどうしても採取する必要がある場合以外での羊水採取は行ってもらえません。ですのでまずは現在かかっている産婦人科医へ相談されたほうが良いでしょう。

Q. 出生前鑑定で再採血の場合、新しいキットが再度郵送されてくるそうなんですが、追加料金などはどのように発生しますか?
また、紛失や損傷した場合にも、再度新しいキットを取り寄せることは可能ですか?

再採血による新しいキットの料金は発生致しません。キット受け取り時の着払い料金はお客様のご負担になります。
その他、お客様の不慮により(紛失または破損など)、再度新しいキットを取り寄せる場合、1キット料金¥6,000とキット受け取り時の着払い料金はお客様のご負担になります。

Q. 出生前鑑定で検査結果が0%と記載されていました。
これは、妊娠中の母親の血液に含まれている胎児のDNAが足りなかったりした場合にも検査結果が0%と出るのでしょうか?

検査結果が0%と記載されていたのなら、父親と思われる男性とお腹の中の胎児との親子関係は不存在と言うことになります。
胎児のDNAが足りなくて0%と言う検査結果になることは、まずあり得ません。
万が一、胎児のDNAが足りなかった場合、検査自体が続行できませんので、再採血をし、胎児のDNAが十分に抽出できてから再度検査になります。
検査結果が99.9%なら、親子関係成立となり、0%であれば親子関係不成立という解釈になります。

Q. 採血の病院を探すときに手伝ってくれると書いてありますが、具体的にどこまでやってもらえますか?希望の地域で探してもらえるのでしょうか?
医療機関探しのお手伝いは、まずお客様自身で探して頂いた医療機関が当社からの説明を求めている場合に当社から直接医療機関への説明や交渉を行う事などです。またお住まいの地域で当社が1から探すことも可能ではありますが、容易に見つかるものではありませんので時間がかかってしまいます。また最悪見つからないという結果にもなりかねませんので、まずはお客様自身で探してみてください。

Q. 以前血液でのDNA検査をしました。
結果は0%で、血液を提供した男性は父親ではないと鑑定結果が出ました。
来月臨月を迎えるのですが、不安で仕方がありません。
0%の結果は、どこまで信頼性がありますか。

父性確率が0%とは、100%の確率で父親ではないと等しいといえます。信頼性についてはお客様がどこまで信用できるかによります。検査結果について知りたいことがありましたら具体的にご質問頂けると可能な限りでお答えいたしますので、メールや電話などでお問い合わせください。

Q. 先週違和感を感じ検査薬をした所、陽性反応がでました。ですが、先月に1日もしくは2日違いで性行をし、元彼か今の彼氏かわかりません。その場合にDNA鑑定を行う事は可能ですか?
男性2名のうち、どちらかがサンプル提供して頂けるのであれば出生前親子DNA鑑定をすることが出来ます。ただし血液の場合だと妊娠9週以降、羊水の場合だと14週以降且つ羊水採取可能な医療機関を探す必要があります。どちらも https://www.ptclabs.jp/prenatalservices のページから詳細をご覧いただけますので、どうぞご検討ください。ご質問等はお気軽にメールや電話などでお問い合わせくださいませ。

Q. 検査結果の報告は、平日のみですか?土日祝は、やってませんか?
検査結果報告は、基本的に平日に行います。土日祝は休業いたしておりますのでご了承くださいませ。

Q. 出生前DNA鑑定を申込した者ですが、初めに紹介された病院では日取りを決めることが難しく、他の病院を紹介希望ですが可能ですか?
正式に申込された方(前金が支払われてる方のみ)であれば、初めに紹介した病院が都合悪い場合、他の病院の紹介も行っております。その際にはお電話かもしくはメールでお問い合わせください。

Q. 妊娠しましたが、疑父が2人います。しかし、どうしても1人の男性には検査の事を知られたくないので、残り1人の血液と私の血液だけでも、鑑定は可能でしょうか?
疑父が2人いると言うことで、そのうち1人の男性の血液と母親の血液で鑑定をした場合、あくまでも、弊社では受け取った男性の血液サンプルと胎児の親子関係を調べます。血液サンプルを提出した男性と胎児が親子関係0%の不成立だった場合でも、残る男性が父親であると言う保証は一切ありません。

Q. 病院で採血してから、検体を研究所へ発送する際、EMS国際郵便とFEDEXという業者のうち、それぞれのメリット、デメリットを教えて下さい。
まずは、EMS国際郵便について。
・価格(平均¥1200~¥2000)
・配送期間(5日~10日程度。場合によってはそれ以上に遅れる場合もあります。)
・配送方法(お近くの日本郵便局に自分達で持ち込みします。)
・その他注意事項としましては、EMS国際郵便は日本郵便が行っており、日本国内から血液検体を発送する場合、税関で確認作業が行われます。その際に税関を担当する方によっては血液検体は海外に送れないと判断された場合、血液検体は弊社に返送されます。もちろん、税関をスムーズに通ればそのまま研究所へ発送されます。万が一、税関から弊社に返送されてきた場合、その後はFEDEXに切り替えて再度発送となります。

FEDEXについて。
・価格(税込¥10800)
・配送期間(集荷日から3日以内。但し、飛行機の遅れなどが生じた場合3日を過ぎる場合ありますが、それでもEMS国際郵便よりは確実に早いと思われます。)
・配送方法(FEDEX業者が集荷に伺うか、または、お近くにFEDEX営業所がある地域にお住まいの方であれば自分達で持ち込みも可能です。)

FEDEXは外国にもある運送業者であり、価格は高めですが血液検体であってもスピーディーに配送が行われますので、一回でより確実に発送を希望するのであればFEDEXをお勧めします。

Q. 1回目に疑父と、母親の血液検体をアメリカ研究所向けに発送して、研究所から再採血の依頼が来た場合、疑父も母親も二人とも再採血しなければいけないのですか?
再採血の主な理由としましては、妊娠中の母親の血液中野に浮遊している胎児のDNAが足りない場合が多いですので、母親のみの再採血が多く見受けられます。
しかしながら再採血の理由はそれだけではなく、研究所の判断により、疑父の再採血や、妊娠中の母親のその他の理由により再採血が必要になってくる場合もあります。再採血の要請が出た場合は、それを承諾して頂かなければいけません。

Q. 主人には内緒で行いたいのですが、精液で検査はできませんか?なにか良い方法があればお教えください。
精液を使用されたい場合は、羊水検査で行う方法しかありません。羊水検査は羊水採取が可能であれば検査を行うことができます。また精液自体は他人の体液が混じっていないものでなければ使用する意味がありません。もし他の特殊サンプル(爪やたばこの吸い殻など)の採取が可能であれば、そちらのほうがよろしいかと思いますのでご検討ください。
ちなみに出生前鑑定の血液検査は、どちらも血液でなければ検査が行えません。ご主人に内緒で行いたい場合にはご主人以外の疑父となる方に採血を依頼されたほうがよろしいかと思います。可能な範囲でご相談を受付致しておりますので、ぜひ直接当社メールアドレスやフリーダイヤルまでご連絡くださいませ。

Q. 血液の検査を考えていますが、相手男性にDNA鑑定であると知られないように検査をすることはできますか? また採血は必ず病院でしないといけないですか?
血液検査の場合、検査で使用する申込用紙や医療機関へ渡す手順説明など全てに出生前親子DNA鑑定の記載がされています。当社でこれを伏せることはできませんので、もし必要であるならお客様自身で文字を伏せたり相手に見せないようにするなどの対処をしていただきます。
また採血は医療行為ですので、必ず医療機関にて行っていただきます。簡易的(指先から約1滴とるなど)ではなく腕から採取するものになりますので、ご家庭で行うことはできません。

Q. 未成年の女性が妊娠してしまい、相手の男性も未成年です。出生前鑑定を行いたいのですが、この場合未成年者同士で鑑定を申し込むことは出来ますか?
被験者が未成年である場合、親の同意のもとで申込みが可能になります。被験者の両方が未成年の場合、同意書には両方の親のサインが必要になります。片方が未成年者の場合は片方の親の同意のサインが必要です。(未成年者とは18歳未満のことを指します。)ですので、鑑定を申し込む際には必ず未成年者の親が申込みを行うようにしてください。

Q. 中絶後、その胎児のDNAで親子鑑定は出来ますか?
中絶手術後に得る胎児のDNAでの親子鑑定は、特別な理由(レイプなどの事件性がある、または裁判所や弁護士などからの要請)がない限り、一般のお客様からの依頼は受け付けておりません。またこの検査は通常のCVS・羊水検査と違い、鑑定料金は120,000円程度かかります。

Q. 親子DNA鑑定を希望してます。現在、臨月を迎えていますが、この場合、出生前鑑定は可能でしょうか?
臨月を迎えているのでしたら、産まれてから生後1日目から検査は可能ですので、出生前DNA鑑定よりは、出生後の通常の親子DNA鑑定をお勧めします。
妊娠中の血液使用の出生前DNA鑑定の精度が99.9%に対し出生後の親子DNA鑑定ですと、精度も99.99%以上の保証で提供できます。

Q. 血液使用の出生前鑑定では必ず御社が指定する病院で立会いのもと、採血を行わなければいけないですか?
血液使用の出生前鑑定の場合、弊社が指定する病院でなくても、採血のみして下さる病院がありましたら、どのジャンルの病院・医院でも構いません。(産婦人科へ行かなければならないという規定はございません。)
また、私的検査の場合でしたら弊社による立会いなどは一切ございません。すべてご自分達で採血からその後の郵送なども行って頂きます。

Q. 今妊娠している子の血液鑑定を検討しています。
少し前にも妊娠しており流産してしまったのですが、これは検査に影響しますか?

胎児のDNAは出生後どんどん減っていくため、以前の妊娠は検査に影響することはありません。流産も同様です。

Q. DNA鑑定をしたく羊水採取をする予定です。
羊水はどうやって送ることになりますか?入れ物などは貴社より送っていただけるのでしょうか?

羊水は必ずクール便で送っていただきます。
間違ってチルドや常温で送ってしまうと検査が出来なくなってしまいますので十分気を付けていただきたい点です。
また羊水を入れる容器は医療機関側で準備していただくことになります。当社からお客様に送付するのは母親と父親とされる男性のサンプル採取で使う綿棒と必要書類のみです。
綿棒と書類は羊水と一緒にクール便で送っていただくことも可能です。どうぞご検討ください。

Q. 出生前鑑定を検討していますが、万が一検査の途中で流産してしまった場合、返金などはありますか?
アメリカ研究所で検査が行われていない時点での流産ですとそれなりの経緯によっては返金の対応はできます。しかし、気を付けていただきたいのは、アメリカ研究所で検査が始まってる段階で万が一、お客さまが流産してしまっても返金はできません。

Q. 出生前鑑定を希望してますが、急ぎのため少しでも早く結果が知りたいのですが御社の
注文のオプションの翌日検査結果は又は同日検査結果は利用できますか?

出生前鑑定(血液使用)の場合↓
翌日検査結果・同日検査結果は出生前鑑定には対応しておりません。

出生前鑑定(羊水使用)の場合↓
羊水からの胎児のDNA抽出が綺麗にできた場合に限り、同日検査結果も翌日検査結果も有効にはなってきますが、やはり一般の口腔内粘膜採取と同様では行えない可能性の方が高いです。

Q. 御社のサイトを拝見しましたが、出生前鑑定(採血使用)の場合、採血可能な病院を紹介しているようですが、お問い合わせの際に病院の詳細・所在地や電話番号などを伺うことは出来ますか?
弊社から採血可能な病院の紹介をしていますが、病院の詳細などに関しましては、正式に申込みをされた方のみにお伝えするシステムになっております。
正式に申込みをするというのは、鑑定料金の前金もしくは全額のお支払いが確認できた時点で正式に申込みしたものと見なします。

Q. 出生前鑑定の(血液使用)・(羊水使用)ともに、採血採取・羊水採取してからその日のうちで検体の発送ができないと思われる場合、どのように保管すべきでしょうか?
検体をどうしてもその日のうちに発送出来ない場合についてですが、
血液検体→常温でそのまま保存(冷凍・冷蔵厳禁!!)

羊水検体→冷蔵庫で保存(冷凍・常温厳禁!!)
※羊水を発送する場合、冷蔵(チルド・クール冷蔵便)でお願い致します。

Q. 前金を支払い後にキットが到着しましたが、都合が悪くすぐに病院へ採血しに行く事が出来ず、2週間後に採血しに行くとしても、キットは大丈夫ですか?使用できますか?
箱の中身の採血キットの容器自体を開封などしていなければ、いつでも使用可能です。
時間が経ってても問題はありません。
但し、キットに血液検体を入れてからは、速やかにアメリカ研究所へ発送して下さい。

Q. 出生前鑑定で、血液サンプルを採取する前日に相手の男性が飲酒していた場合、当日の採血に何か支障は起きないでしょうか?
血液による出生前DNA鑑定で、採血する相手の男性が前日に飲酒していても、DNA鑑定には支障をきたすことはありません。
採血した男性の血液中にDNAは充分に得られます。

Q. 初めまして…。
お願いします。
出生前の血液検査は母体の血液と
父親の疑がある人は特殊サンプルで
出来ないでしょうか。

出生前鑑定の血液検査では、母親のサンプルが血液で父親は口腔内粘膜採取でしか、検査は出来ません。特殊サンプルを使用したい場合は羊水検査になります。

Q. 出生前鑑定では血液で行うタイプと羊水で行うタイプ、2つのタイプがあるようですが、それぞれのメリット・デメリットなどを大まかに教えてください。
出生前鑑定(血液使用の場合)
・母親と疑惑の父親の採血による血液検体で検査は行われる。
・鑑定費用は高額。
・妊娠9週以降から受付可能。
・母親の体質によって胎児のDNA抽出量が異なるため、足りない場合には週数が経ってから再度採血を行い研究所へ送ることになる為、1回で検査が終了できる場合とそうでない場合がある。
・サンプル採取は通常の採血と全く同じなので母体に関する危険性は全くない。
・弊社による病院紹介可能。(都道府県にもよります。)
・鑑定結果の保証は現在99.9%です。

出生前鑑定(羊水使用の場合)
・母親と疑惑の父親は口腔内粘膜採取によるサンプル使用。(家庭用の場合疑惑の父親のサンプルはは特殊サンプル使用可)そして胎児の羊水サンプル使用。
・費用は低価格
・妊娠12週未満の場合、羊水の量が充分ではないため羊水採取する場合妊娠12~14週が望ましいと思われる。
・弊社に検査を申し込む前に羊水採取は経験豊富な医者を探す必要性がある。
・羊水採取する医者の腕にもよるが、羊水が綺麗に採取出来ていれば、ほとんどの検査は1回で終了する。
・羊水採取は妊娠中の母体に針を刺し採取する方法なので母親の体質によっては流産の危険性が少なからずある。
・現時点で弊社による病院紹介は不可能。
・鑑定結果の保証は通常の親子鑑定同様、99.99%以上です。

Q. 体外受精での妊娠をしており、確認のために親子鑑定をしたいのですが、血液での鑑定は父親だけでなく母親の鑑定も可能ですか?
血液で行う出生前鑑定の場合、父性確率のみの検査になります。お客様のような都合で母親の検査をされたい場合には、すでに妊娠されている状況であるなら羊水検査で検査可能です。

家庭用出生前親子DNA鑑定(羊水使用)

prenatal

■検査可能時期■
妊娠週数14週~36週の間

■必要なもの■
・羊水(6㎖以上) ・母親の口腔内粘膜
・疑父の口腔内粘膜または特殊サンプル

■手順■
(家庭用と裁判用で手順が異なります)
【家庭用】

home testing

【裁判用】

legal testing

・お申し込みは注文フォーム・メール・電話のいずれでも可能です。
・お申込前に必ずインフォームドコンセントをご確認ください。
・お支払方法は銀行振込・代引き・クレジットの3択で、手数料は全てお客様負担です。(裁判用は代引き不可)
・送付物(検査キットや検査結果など)は郵便局留めが出来ます。(裁判用ではお客様への送付物はありません)
・裁判用では立ち合いが必須であり、立ち合い料金が発生します。
・裁判用検査では特殊サンプルは使用できません。

■注文フォーム■
お申し込みの前にインフォームドコンセントをお読みください➠こちら

■その他注意事項■
・羊水採取をする医療機関の紹介は出来ません。(ご注文前にお客様自身でお探しください)
・鑑定料金には羊水採取費や検体発送料などは含まれません。
・羊水採取費は医療機関によって変動します。
・羊水は必ず冷蔵で発送してください。

家庭用出生前親子DNA鑑定価格
54,500円
父親対象人数+12,500円
特殊サンプル+20,000円

羊水採取

羊水採取は医療行為であり、更にリスクを伴います。そのため、羊水採取については医師からよく説明を受け、医師の同意の元で行う必要があります。また当社でご紹介できる医療機関はありませんので、前もって被検者自身で探します。※裁判用鑑定の場合、医師の検体証明書が必要になります。
【利用できる鑑定】
羊水による出生前親子DNA鑑定(家庭用)・羊水による出生前親子DNA鑑定(裁判用)

Q. 妊娠中のお腹に子供がいる時に、DNA鑑定はできますか? 出来るなら、だいたい妊娠何週目頃でしょうか?
出生前親子DNA鑑定というものがございます。
検査は羊水使用と血液使用の2種類あり、羊水の場合は14週~36週、血液の場合は9週以降から検査が可能です。

Q. 疑父2人をどちらが父親が検査をして欲しいのですが、検査の結果が間違える事はないのでしょうか?最初に1人の疑父との検査結果の後、追加でもう1人の疑父の検査は出来るのでしょうか?その場合費用はどうなりますか?
良く検査結果を間違えることが無いかというご質問がありますが、その不安を解決できるよう保証値を提示しております。血液での出生前鑑定の場合は99.9%、羊水の場合は99.99%の保証値があります。
また検査がいったん終了し、結果報告された後に疑父を追加する場合、血液検査だと費用は約10万程度になります。この価格は変動しますので、必要な際に直接当社にお問い合わせください。

Q. 口腔内粘膜の採取だけがサンプルになるのですか? その他のものは特殊サンプルとして提出しても鑑定する事はできないのでしょうか。
血液使用の出生前鑑定では、疑父のサンプルにおいて特殊サンプルを使用することは現在出来ません。綿棒による口腔内粘膜採取か、母親と同様に採血を行って頂く必要があります。
羊水使用の出生前鑑定では特殊サンプルを使用することが出来ます。お客様の都合に応じてご選択ください。

Q. 裁判用出生前鑑定でも、家庭用と同じように、病院では採血若しくは羊水採取を行うだけでしょうか?
裁判用出生前鑑定の場合、家庭用とは異なり、病院でサンプル採取の際には原則立会人が同行します。
また、病院側から「検体証明書」にサインして頂く必要があります。そして、サンプル書類一式の管理はすべて立会人が行います。

Q. 出生前DNA鑑定が始まって数年たつと思いますが、今までに誤判定が起こったことはありますか?(鑑定機関での人為的なミスなど。)
出生前鑑定には血液と羊水の2種類の検査があり、羊水は自社研究所、血液はDDC研究所で行っておりますが、今まで当社で承ったどの検査も誤判定であるという報告を受けたことはありません。

Q. 最も早く検査をしたいのですが、CVS鑑定の申し込みは誰でも可能ですか?また妊娠何週から出来ますか?
出生前のCVS鑑定は一般からの受付は致しておりません。一般からの申し込みが可能な出生前鑑定は羊水鑑定と血液使用の出生前鑑定になります。
CVS鑑定は非常に早い段階の妊娠週期の胎児の絨毛膜を採取し、鑑定を行いますが、非常に危険性を伴うため、強姦事件や裁判所、警察署などからの依頼があれば申し込み可能になります

Q. 羊水鑑定の場合、必ず1回で検査は出来ますか?
血液使用の出生前鑑定では、再採血の可能性がありますが、羊水鑑定の場合ほぼ1回で検査が出来ますがわずかな可能性で検査が出来ない場合もあります。それは、羊水採取をする際に医師が綺麗に羊水だけを採取してくださればいいのですが、稀に羊水採取の際に母親の血液が混じって採取する医師がいます。羊水の中に母親の血液が混じるのはあまり好ましくはないのですが、これは羊水採取をする医師の腕にもよります。万が一、母親の血液が混じってしまったままの羊水を研究所に送ってみて、検査が不可能となった場合のみ、再度、羊水を採取する必要が出てきます。しかし、そのようなケースは少ないですので、だいたいは1回で検査は終了します。

Q. 裁判用羊水採取はどのように行われますか?疑父親のサンプルは特殊サンプルでは駄目ですか?
裁判用羊水鑑定の場合、まずは採取する医療機関に立会人を同行させる必要があります。そこで、立会人によって母親の母体から胎児の羊水を採取した事を証明してもらわなければいけません。その流れで、羊水採取が終えましたら、疑父親と母親の口腔内粘膜採取と、指紋、写真撮影を行います。裁判用では疑父親の特殊サンプルは使用出来ません。羊水採取後の管理(弊社へ返送など)も全て立会人に任せる必要があります。

Q. 羊水での検査をしたいのですが、病院は紹介してもらえますか?
残念ながら、羊水採取が出来る医療機関のご紹介は現在行っておりません。今かかっている産婦人科医へお願いするなど、ご自身で探していただきます。また羊水採取はリスクが伴いますので、医師から十分な説明を受けたうえでご判断下さい。

Q. 検査にどのくらいの期間を要するのでしょうか? またGW期間中の休業日を教えて頂きたいです。
血液の鑑定だと検体発送から約1~2週間、羊水だと2~3週間後に検査結果が出る予測です。弊社は基本的に土日及び祝日は休業となります。ご了承くださいませ。

Q. 出生前親子鑑定で、父親のサンプルがすぐに採取出来そうにないのですが、その場合、胎児のDNA データだけを先に出して保存しておいて、あとから父親のサンプルが採取出来た時に鑑定をする事は可能でしょうか?
血液で行うタイプの出生前親子鑑定では、胎児のみのDNAデータだけの保存は出来ません。必ず父親のサンプルも一緒に研究所へ送らなければなりません。しかし、羊水で行う出生前親子鑑定であれば、先に胎児のDNAデータだけの保存は可能であり、父親のサンプルが入手出来次第、鑑定を行うことが出来ます。

Q. お腹の胎児が双子の場合でも鑑定は可能ですか?
出生前DNA鑑定では血液で行う検査と羊水で行う検査の2つのタイプの検査がありますが、お腹の胎児が双子の場合、現時点で可能な鑑定は羊水検査になります。
また羊水検査の場合、双子が一卵性であっても二卵性であっても鑑定は可能です。

Q. 羊水の親子鑑定で性別も調べてもらえたりしますか?料金はいくらになりますか?
羊水検査で性別まで判明しますが、残念ながら様々な観点におけるリスクを回避する目的からお客様に教える事はできません。検査結果は父性確率のみです。

Q. DNA鑑定をしたく羊水採取をする予定です。
羊水はどうやって送ることになりますか?入れ物などは貴社より送っていただけるのでしょうか?

羊水は必ずクール便で送っていただきます。
間違ってチルドや常温で送ってしまうと検査が出来なくなってしまいますので十分気を付けていただきたい点です。
また羊水を入れる容器は医療機関側で準備していただくことになります。当社からお客様に送付するのは母親と父親とされる男性のサンプル採取で使う綿棒と必要書類のみです。
綿棒と書類は羊水と一緒にクール便で送っていただくことも可能です。どうぞご検討ください。

Q. 主人には内緒で行いたいのですが、精液で検査はできませんか?なにか良い方法があればお教えください。
精液を使用されたい場合は、羊水検査で行う方法しかありません。羊水検査は羊水採取が可能であれば検査を行うことができます。また精液自体は他人の体液が混じっていないものでなければ使用する意味がありません。もし他の特殊サンプル(爪やたばこの吸い殻など)の採取が可能であれば、そちらのほうがよろしいかと思いますのでご検討ください。
ちなみに出生前鑑定の血液検査は、どちらも血液でなければ検査が行えません。ご主人に内緒で行いたい場合にはご主人以外の疑父となる方に採血を依頼されたほうがよろしいかと思います。可能な範囲でご相談を受付致しておりますので、ぜひ直接当社メールアドレスやフリーダイヤルまでご連絡くださいませ。

Q. 中絶後、その胎児のDNAで親子鑑定は出来ますか?
中絶手術後に得る胎児のDNAでの親子鑑定は、特別な理由(レイプなどの事件性がある、または裁判所や弁護士などからの要請)がない限り、一般のお客様からの依頼は受け付けておりません。またこの検査は通常のCVS・羊水検査と違い、鑑定料金は120,000円程度かかります。

Q. 出生前鑑定の(血液使用)・(羊水使用)ともに、採血採取・羊水採取してからその日のうちで検体の発送ができないと思われる場合、どのように保管すべきでしょうか?
検体をどうしてもその日のうちに発送出来ない場合についてですが、
血液検体→常温でそのまま保存(冷凍・冷蔵厳禁!!)

羊水検体→冷蔵庫で保存(冷凍・常温厳禁!!)
※羊水を発送する場合、冷蔵(チルド・クール冷蔵便)でお願い致します。

Q. 出生前鑑定では血液で行うタイプと羊水で行うタイプ、2つのタイプがあるようですが、それぞれのメリット・デメリットなどを大まかに教えてください。
出生前鑑定(血液使用の場合)
・母親と疑惑の父親の採血による血液検体で検査は行われる。
・鑑定費用は高額。
・妊娠9週以降から受付可能。
・母親の体質によって胎児のDNA抽出量が異なるため、足りない場合には週数が経ってから再度採血を行い研究所へ送ることになる為、1回で検査が終了できる場合とそうでない場合がある。
・サンプル採取は通常の採血と全く同じなので母体に関する危険性は全くない。
・弊社による病院紹介可能。(都道府県にもよります。)
・鑑定結果の保証は現在99.9%です。

出生前鑑定(羊水使用の場合)
・母親と疑惑の父親は口腔内粘膜採取によるサンプル使用。(家庭用の場合疑惑の父親のサンプルはは特殊サンプル使用可)そして胎児の羊水サンプル使用。
・費用は低価格
・妊娠12週未満の場合、羊水の量が充分ではないため羊水採取する場合妊娠12~14週が望ましいと思われる。
・弊社に検査を申し込む前に羊水採取は経験豊富な医者を探す必要性がある。
・羊水採取する医者の腕にもよるが、羊水が綺麗に採取出来ていれば、ほとんどの検査は1回で終了する。
・羊水採取は妊娠中の母体に針を刺し採取する方法なので母親の体質によっては流産の危険性が少なからずある。
・現時点で弊社による病院紹介は不可能。
・鑑定結果の保証は通常の親子鑑定同様、99.99%以上です。